ENTRY

SHOGO NAKAJIMA

メディア事業部 ゲームディレクター

中島 章吾

新卒入社5年目
「乃木坂46リズムフェスティバル」の
ゲームディレクター

ユーザー目線をゲームに活かす分析力が大切

あなたの仕事内容は?

ゲームアプリの企画内容やデザイン、操作性などまで調整するのがゲームディレクターの役割です。
上司含め各担当者がフラットな立場で協力しあいながら、約1~3年かけて1本のゲームを仕上げていきます。テスト番のアプリができてからも何度も改善策をミーティングし、細かい調整を続けます。ゲームが好きというだけではなく、ユーザーのプレイデータを見て内容を修正していける分析力も必要で、それがこの仕事のやりがいですね。僕は子どもの頃からゲームが好きだし、家族や友人が楽しそうにプレイしているのを見るのも好きでした。今は自分の長所を活かす仕事につけていると思います。

なぜ今の職種に?

社会人として経験を積み、
ある日、大きな抜擢が

アイアは、ゲーム業界のなかでは少数精鋭ながら大きく成長しているだけでなく、長い間に築かれたしっかりとしたバックボーンがあります。そこに惹かれたことと、就活時に自分の個性をしっかりアピールできたという実感から入社しました。はじめの部署はパズル誌の広告営業です。外部の人との関わり方から学ぶなど、社会人として大きな経験を積めました。そんなまだ入社1年目のある日、社長から直接お話があってゲーム開発担当に。僕は文系学部出身ですが、ゲーム業界への思いを日報などで知って評価してくださったのか、嬉しい指名にはただただ驚きました。それほど上下の風通しの良さとチャンスがある会社です。

働き続けられる理由は?

チャレンジする機会の多さが
高いモチベーションに

実は、恥ずかしながら配属されてすぐには成果が出せず、アプリ開発に失敗したことも。社長にはお叱りとともに、より大きなプロジェクトに取り組むよう励ましを受けたんです。そういう挑戦の機会の多さもアイアならではですね。
「乃木坂46リズムフェスティバル」では未公開部分も交えた実際のライブ動画で音ゲーができるのが特徴で、高い技術力を持った開発チームと組み、大きな反響をいただきました。充実感はありますが、次の話題作の開発が待っています。プロジェクトはいつも刺激的ですし、色々なスキルを持った仲間たちと一緒にもっと面白いゲームを作っていきたいと思います。

アパレル事業部とメディア事業部という、
異なるビジネスを二本柱として常に付加価値のある商品やサービスを世の中に提案し続けてきました。
展開する仕事は異なりますが、その根底にあるのは「人」の力だと私たちは考えます。

事業部紹介はこちら

BUSINESS

ENTRY

新卒採用エントリー

中途・アルバイト採用エントリー