ENTRY

HONATSU SATO

アパレル事業部 デザイナー

佐藤 帆夏

新卒入社2年目
Stola.デザイナー

チャレンジしやすい社風で入社後のビジョンも明確

アイアを選んだ理由は?

服飾の専門学校で学んでいた時から、デザイナーになることが一番の夢でした。就職説明会ではブランドの説明に重きを置く企業がほとんどなのですが、アイアは入社後の働き方も具体的にイメージできたことが入社の決め手になりました。研修期間は店舗での販売も含め4か月ほど。お客様がどのように服を見ているか肌感覚でつかめ、とても有意義な濃い日々でした。研修後まもなくデザインの実務を始められましたし、他社に入社した人たちと比べると、ずいぶん早いうちからいろいろなことに挑戦できていますね。人間関係でも悩んだことがなく、ここは、ただただブランドを良くしていこうという人たちの集まり。本当に素敵な職場だなと感じています。

仕事のやりがいは?

良いチームワークを基礎に、
デザインでお客様とつながれる

今はカットソーのデザインを担当しています。展示会は年4回ですが、一度に全商品を作るわけではなく、週単位の生産スケジュールに沿って進行します。MDとの絵型の会議、パタンナーや生産担当者との打ち合わせや社長を交えて行う定例会議など常にチームワークが基礎になります。トレンドを取り入れることは大事なので、予定になかった絵型を急遽入れてもらうことも。店頭での勉強も大きな糧になりますね。Stola.に配属後初めて私が手がけた服が出ている時にお店に立たせてもらったんですけど、ちょうどスタッフがその服をおすすめし、お客様が喜んでお買い求めになる場面を見られ、こうして私の仕事が役立っているんだなあと誇らしく、感動しました。

これからの目標は?

持ち味をもっと伸ばして、
広がるチャンスを活かしたい

入社して身に染みて感じているのは、先輩たちが温かい目で私を成長させようとしてくださっていること。例えば絵を描くのも好きな私はTシャツのロゴやスカーフの図案を描かせていただいたり、個々の能力の高い部分をもっと伸ばしていこうという風潮が強いんです。生産課の課長、MDやSDの先輩たちも役職に関係なく小さなことまで気さくにアドバイスしてくださるし、本社から販売まで部署ごとの壁も低く、できないことがないとすら感じます。今後はそれぞれのデザインの完成度をさらに高めつつ、全方位に広がるチャンスを活かして、布帛やニットなどいろいろなものを作れるようになりたいと思います。

アパレル事業部とメディア事業部という、
異なるビジネスを二本柱として常に付加価値のある商品やサービスを世の中に提案し続けてきました。
展開する仕事は異なりますが、その根底にあるのは「人」の力だと私たちは考えます。

事業部紹介はこちら

BUSINESS

ENTRY

新卒採用エントリー

中途・アルバイト採用エントリー