ENTRY

AI HASEGAWA

アパレル事業部 デザイナー

長谷川 愛

新卒入社3年目
Stola.デザイナー

腕が問われる1stサンプル。わくわく感が高まる瞬間

仕事のやりがいは?

MDなど社内の関係者とシーズンごとのテーマを話し合い、生地など素材の検討をしてデザインを決めていくのが私の仕事です。絵型でパタンナーに説明をし形を出してもらい、工場からファーストサンプルが上がってくる時が一番わくわくする瞬間。社長を含め生産、企画、MDなど全員による修正会議を経て、展示会サンプルが完成します。そのファーストサンプルのクオリティによってデザイナーのレベルも問われますし、サンプルが良いと会議の質まで高くなるもの。自分の選んだ素材とデザインがマッチして納得できるものがあがり、受注を多くいただけるとやりがいを感じます。

アイアを選んだ理由は?

新卒でもデザインの即戦力に。
大きな可能性がある社風

服を扱う仕事をしていた母の影響で、中学生の時にはもうデザイナーになる、と決めていました。服飾の専門学校では、課題の他にデザインコンテストにも積極的に応募するなど、平均的な学生の倍以上は服を作っていました。就活では、デザインがたくさんできる会社選びが前提に。アイアは説明会で感じた雰囲気が良く、先輩たちの充実ぶりをお聞きして入社を決めました。実際、入社してすぐデザイナー職につけているのは同級生の中でも少数ですし、アパレル事業だけではなく常に新しいことにチャレンジしていて、意欲や実力があればしっかり追い風を当ててくれる社風に大きな可能性を感じています。

将来の目標は?

ブランドと一緒に自分も
レベルアップしていきたい

私は誰にも負けないくらい服が好き。本当に好きなことを今の職業にできていると感じます。人と話すことも大好きなので、ショップスタッフや営業ともできるだけコミュニケーションをとり、常にマーケットの反響を見て自分が次に何ができるかを考えています。カットソーやニット、アクセサリーなどの担当に垣根がなく、デザイナー3人が柔軟に分担できて、トータルにバランスを作るセンスも養われます。私の持ち味が効いてStola.が新しくなってきたね、と言われるのが嬉しいです。2019年でブランド創立10周年。Stola.と一緒に自分もレベルアップしていきたいと思います。

アパレル事業部とメディア事業部という、
異なるビジネスを二本柱として常に付加価値のある商品やサービスを世の中に提案し続けてきました。
展開する仕事は異なりますが、その根底にあるのは「人」の力だと私たちは考えます。

事業部紹介はこちら

BUSINESS

ENTRY

新卒採用エントリー

中途・アルバイト採用エントリー